プロフィール

タニグチ

管理人:タニグチ
京都市在住です。妻は看護師で夫婦共働き。3歳になる息子"ゆう君"と私たち夫婦が繰り広げる育児奮闘記(笑)

↓↓ランキング参加してます。


FC2ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

もくじ

ゆう君のMOVIEなど

最新の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内の記事を検索


育児ブログ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カゴメ中毒!?

カゴメトマトジュースで有名なカゴメ。現代人の野菜不足を飲み物で補うというスタンスでの商品展開がヒットしてますよね。中でも写真の「野菜生活」シリーズと「一日これ一本」シリーズは、コンビニにも置いてあって買いやすいので、我が家でもよく飲みます。

で、どれくらい飲んでるかというと、家族3人で毎日4~6本飲んでるんですよ。これ大げさじゃなく本当なんです。
まず、朝起きてすぐに私とゆう君が1本ずつ。昼は妻とゆう君が1本ずつ。そして夜は、私とゆう君が1本ずつ。平均してこのペースで飲み続けてます。もちろん買い忘れなどで飲まない時もあるのですが、たいてい冷蔵庫には3本以上常備されてます(笑)

特にゆう君は、野菜ジュースもフルーツジュースも好きで、ローテーションで飲んでます。一日これ一本で良いっていう商品なのに三本飲んじゃってます(笑)
そのせいか、生まれた直後に比べて、手がどんどん黄色くなってきているのですが、まあ、これはご愛嬌です(?)

我が家は、家族全員がカゴメファンです。それは、もうカゴメ中毒かというぐらい愛飲しています。これだけ飲んでるんやから息子のゆう君をCMモデルに使ってもらいたいぐらいです。

え?手が黄色すぎてダメ?あ、そうですか(笑)

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

ブログでプチライター稼業 ←ブログに記事を書いて報酬が貰える
スポンサーサイト




休日の父親育児

おままごと以前に平日の父親育児について書きました。今回は、休日の父親育児について書いてみます。平日よりは、育児らしいことをしてるつもりです(笑)

← こども未来館にて


続きを読む »





一発芸?一覧

後で見直すと面白いかなと思うので、今の時点で確認できている ゆう君の一発芸(?)を記録しておきます。ええ、深い意味はないです(笑)

・イナバウアー(荒川静香)
・ふぉー(HG)
・かい~の(かんぺいちゃん)
・ちょっと、ちょっと、ちょっと(たっち)
・欧米か!!(タカ&トシ)

こうやってあらためて書いてみると、バカなこと教えてるな~(笑)
もちろん普通のお遊戯も色々とできるようになっているのですが、こういうのが増えていくと楽しいので、今後も定期的に記録していくことにします。

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ




ノロウイルス流行中

最近、私の職場の病院でも下痢・嘔吐を訴える職員が増えています。風邪かと思っていたら「ノロウイルス」にやられている人が多いようです。患者さんに伝染するとタイヘンなので、手洗いがいつも以上に励行されています。
抵抗力のある成人は比較的に伝染しにくいのですが、おチビちゃん達やお年寄りは十分に気をつけないといけません。

外出から帰ってきたときは、必ず手洗い・うがいをするようにしましょう。
そして症状が出たらすぐに病院を受診してください。

幸い、うちのゆう君は、元気モリモリで駆けずり回っていますが、これからの季節はインフルエンザにも要注意ですし、油断しないようにしています。

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ




3人で散歩に行きました。

池の鯉にこの土、日は天気がよくなかったので、お出かけせずほとんど家にいたのですが、そうすると、ゆう君の機嫌が悪くなってきたので家族3人で渉成園まで散歩に行きました。

自宅から歩いて15分ほどの距離にある有名な場所なのですが、観光客も少なく素敵な庭園を満喫できました。
ゆう君は写真のとおり寝そべって池の鯉に夢中でエサをやっていました。鯉が口を大きく開けるのが楽しかったらしく「おっきいね~おっきいね~」と連呼してました。
池に落ちないか心配でしたが、ゆう君はそんなのお構いなしで楽しそうですっかり機嫌も良くなりました。

 にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ




ブログデザインのカスタマイズ

ブログのトップ画像

このブログのデザインをオリジナルなものにカスタマイズしてみました。用意されているテンプレートはたくさんあるのですが、デザインに満足できるものがなかったので、思い切ってつくることにしました。試行錯誤しながら挑戦してみたのですが、なかなかの出来栄えです。満足。

これでこのブログにも愛着が沸いてきました。これからもボチボチと記事を書いたり、カスタマイズしたりと続けていくことにします。




今日はUSJに遊びに行きました。

USJ今日は月曜日なのですが、仕事はお休みだったので、私と妻とゆう君の家族3人プラス妻のほうのじいちゃん・ばあちゃんも誘って、USJまで遊びに行ってきました。
はたして1歳10ヶ月の幼児がUSJで楽しめるのかどうか、甚だ疑問なんですが、日頃、自由には外に出ることのできない妻の気分転換になれば良いなぁとの思いで決行しました(笑)

続きを読む »





妻の妊娠期間中に夫ができること3

続きです。

産休に入った妻は、大きいお腹を抱えているので、何をするにしても「ふぅ~」と息を上げてました。私自身、妊婦体験でおもりを抱えて家事をしてみたときに「お腹が大きいのがこんなにも日常生活に影響するのか!」と驚きましたが、やはり体力的に随分と疲れますし、お腹が邪魔で動きにくい体勢が多いです。ですから、買い物で荷物を持ったりするのは当然で、床や地面に何かを落としたときには、ササっと拾ったり、お風呂にはできるだけ一緒に入って、体を流してあげたりしてました。
また、お腹が大きくて重たいので、腰にかかる負担が大きいらしく、「腰がイタイよ~」と言ってたので、よくさすってあげてました。そういえば実際、妻は軽いギックリ腰みたいになりました。なので、腰を大事にしてあげることが大切です。

それから、散歩には本当によく行きました。
先生から「がんばって歩くと子宮口が柔らかくなってお産の時に楽だよ」と言われたので、「散歩部か!」というぐらい休みの度に一緒に散歩に行きました。鴨川沿いをおしゃべりしながら4~5キロは闊歩してたように思います。歩きすぎですかね(笑)
でも、そのお陰か、ものすごく安産でしたので散歩はホントにおすすめです。

そして、いよいよ出産となるのですが、長くなるので続きます。




妻の妊娠期間中に夫ができること2

たまご表紙続きです。

妊娠初期を過ぎ、安定期に入ると妻の体調も良くなり精神的にも落ち着いたようでした。雑誌を買ってきてふたりでいろいろ勉強もしました。妻は看護師なので知識は普通の初産婦さんよりあったのかもしれませんが、それでも職場の先輩ママさんたちの体験談をよく聞いていました。

私も安定期の頃は、女性のこころやからだの変化、妊娠中に気をつけることや出産に向けて準備をしないといけないことなど、たくさん学びました。行政が開催している「妊婦体験」や「父親教室」にも積極的に参加して、おしめの変え方や沐浴方法も覚えました。また、妻が「自分の職場の病院で出産は、やっぱり抵抗がある。」と早い段階で言っていましたので、webで情報収集しながら幾つかの産婦人科を訪ねました。その中で立会い出産をしたいという決意が固まっていきました。

妊娠も9ヶ月になると妻のお腹はすっかり大きくなり、仕事も産休に入ります。

続きます。




妻の妊娠期間中に夫ができること

妊婦体験
奥さんの妊娠期間中に夫が手助けできることって、どんなことがあるのでしょうか?私達夫婦は、2005年の1月8日に出産を体験したのですが(立会い分娩を選択したので、私も体験したと言えると思います。)妊娠期間中もふたりで色んなことを体験しました。経験上、「夫も手助けできることは、たくさんある」と感じましたので、それについて少し書いておこうと思います。

続きを読む »





育児の味方!アンパンマン

育児の味方!
育児疲れってありますよね。どんなに子供のことが好きな人でも自分が疲れている時なんか相手をしてあげられないこともありますよね。
そんな時に助けてくれるのが「アンパンマン」です。

我が家では、息子の相手をしてあげられない時は、DVDをセットします。すると魔法にかけられたように30分ほど静かになります。その間にいろんな用事を片付けられます。まさに育児の味方!

問題は、息子もひと月ほどするとDVDに飽きてくることで、5分ももたなくなることです。こうなると新しいDVDを買わざるを得ません。
最近、飽きるペースが早い気もします。「やなせたかし」の回し者かと勘ぐってしまうほどです(笑)




平日の父親育児

入浴

父親の育児と言っても、仕事のある平日にできることって限られてきますよね。
そこで、私の平日のすごし方を少し書いてみます。

続きを読む »





保育園の下見

今日は保育園の下見に行ってきました。実は以前から妻が3箇所ほど保育園巡りをしてくれていて、よさげな保育園を絞り込んでから、私も尋ねてみて「問題なさそうだし、ここにお願いしようかな」という候補の保育園を決めていました。

しかし、妻としては、通勤途中にある圏内の保育園をすべて回ってから決めた方が良いという思いがあったようです。

で、最後に回ってみた保育園が今までで一番良かったと言うのです。お願いしようかと思っていた保育園よりも良いと。
そこで、息子も連れて見学に行ってみることにしました。

続きを読む »





父親も育児をしよう

DSC01720.jpgみなさん、はじめまして。タニグチといいます。京都に住んでいる32歳のサラリーマンです。妻と息子の家族3人暮らしです。妻は看護師をしており夫婦共働きです。息子は1歳10ヶ月になります。

妻の妊娠が判明したときから、私達夫婦はどうやって子育てをしていくかとても悩みました。といいますのが、私の両親は離婚をしており、とても子育ての支援が望めず、また、妻の両親は近所に住んでいるのですが、ふたりとも70歳手前と高齢で、こちらも助けてもらうのは難しいだろうという状況だったからです。
いわゆる「じいちゃん、ばあちゃんに助けてもらう」ことがあてに出来ない環境なのです。

「夫婦ふたりだけで子育てできるのか?」とても不安でした。

とりあえず妻は、育児休暇を取得し、育児に専念してくれました。しかし、看護師という職業は、日々進化する医療に携わる専門職ですから、現場から離れすぎると知識や技術が陳腐化してしまうため妻としては、なるべく早く職場に復帰したいという思いもあります。
妻と話し合った結果、来年4月には息子も2歳3ヶ月になるので保育園に預けることにし、妻も職場に復帰しようかと考えています。

「じいちゃん、ばあちゃんの支援がないなら俺ががんばるしかないな!」

これが、私の結論でした。
まだまだ手がかかる息子の世話や家事。妻だけに負担をかけるのではなく、父親育児や家事をがんばるしかない。
この思いを貫くためにも、このブログで子育て奮闘記を記録していくつもりです。

全国におられるパパさん、ママさん!一緒に育児をがんばりましょう!!




 BLOG TOP 


SEO対策:父親 :育児 :子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。