プロフィール

タニグチ

管理人:タニグチ
京都市在住です。妻は看護師で夫婦共働き。3歳になる息子"ゆう君"と私たち夫婦が繰り広げる育児奮闘記(笑)

↓↓ランキング参加してます。


FC2ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

もくじ

ゆう君のMOVIEなど

最新の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内の記事を検索


育児ブログ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Wiiをゲットしちゃいました

Wii年賀用の肉を買いに家族3人で朝から高島屋に行ったのですが、なぜかWiiまでゲットしちゃいました。
事の顛末はこうです。
お目当ての肉の名門三島亭のカウンターには既に長蛇の列ができており、10時の開店と同時に並んだにも関わらず1時間待ちとのこと。まあ、毎年こんな調子で昼過ぎには売り切れてしまうぐらいの人気店ですから、あきらめて最後尾に加わりました。しかし、順番待ちをしている間にゆう君がグズり出したので、妻を残して、ゆう君と5階のおもちゃ売り場に気分転換に行ったのです。すると、Wiiが無造作に山積みになっているではありませんか。しかも定価のまま。
品薄で手に入らないとか、30,000円するとか聞いていたので、思わず衝動買い。ソフトは、「はじめてのWii」と「WiiSports」の2本を併せて購入。
予定外の購入だったので、レジで「おかあちゃんに怒られるかな」と呟いてしまったら店員さんにクスリと笑われてしまいました。

購入後、妻の元へ帰ったのですが、幸いお咎めなしでした。多分、やってみたいと思っていたのでしょう(笑)
大晦日の思わぬ予定外の出費でしたが、「ま、たまにはいいさ」とスルーして、お正月はWiiを満喫することにします。

★今年1年を振り返って、育児で感じたいろんなことを記事に書こうかと考えていたのですが、似顔絵つくれる「Mii」に夢中になってしまい、時間がとれませんでした。こんな1年の締めくくりでいいのか俺(笑)
とにもかくにも、来年が良い1年となりますように。みなさん、どうぞ良いお年を!! (^o^)/


スポンサーサイト




大掃除

今日から1月3日まで仕事はお休みです♪
で、今日29日は、毎年恒例の大掃除をしました。
朝からゆう君をじいちゃん・ばあちゃん家にあずけて、妻と二人で徹底的に家中ピカピカにしました。

大掃除は、我が家では楽しみながらやるのがモットーなので、音楽を聴きながら、妻とのんびり行うのですが、やはり大仕事です。

すべての窓の窓拭きとフローリングの拭き掃除・ワックスがけ、玄関の掃除が私の担当です。妻は台所とお風呂とトイレをやってくれます。妻も私もA型なので恐ろしく徹底的に綺麗にします。丸1日の大仕事なのですが、おかげでピカピカになります。ばっちこい新年(笑)

ただ、翌日、全身筋肉痛になるのには閉口してしまいます。もう若くないことを身をもって実感します。

早くゆう君が手伝ってくれるようになることを期待している2006年の暮れです。




会えない日

月に1~2回、仕事が宿直勤務で家に帰れない日があります。その日は、妻にも息子にも「会えない日」なのです。以前は、宿直をなんとも思っていなかったのですが、この会えない日、ゆう君が生まれてからは、ちょっと嫌いになりました。宿直手当より家族と過ごす時間の方を大切に思うようになったからです。ところが悲しいかな、私の職場でも人員削減と新入社員の採用引き締めがすすめられており、その影響で宿直回数が増えそうな雰囲気です。もし、そうなると会えない日が増えちゃいます。困るな~。嫌だな~。
しかし、そうは言っても実際にはどうしようもありません。
携帯のテレビ電話で、ゆう君の笑顔を確認して我慢するしかなさそうです。
「会えない時間が愛を育てる」まるでどっかのラブソングの歌詞のようですが、まさにそんな感じです。

独身の頃、まったく苦でなかった宿直勤務。それが今では、こんなに嫌になりました。う~ん、家族への思いが強まると仕事が嫌になるなんて思いもよらなかったよ。困ったもんです。




お母ちゃん

ゆう君と過ごしていて本当に思うことなんですが、子供が感じているお母ちゃん(母親)の存在による安心感や幸福感は、お父ちゃん(父親)のそれとは、まったく異なるものなんでしょうね。毎日、一緒に過ごしているからか両者の間の絆は、とても強くて深いように思います。
確かに休日など、たまに父親の私が家に居ると遊んでもらえるのが嬉しいので、ベッタリひっついて、「しっぽフリフリ」モードになりますし、妻が言ってもきかないことを私が言うと素直に言うことをきいたりもします。
でも、やっぱり、子供にとって「お母ちゃん」は特別なんです。自分が元気に遊んでいるときは、母親なんて、「フン!」って感じで振舞ってる彼も、夜中目が覚めると、しくしく泣きながら母親を探しますし、寝入るときには母親の胸じゃないとダメだったりします。

実際、妻が半日ほど家を空けて私とふたりっきりになると、妻がいる時に比べて元気パワーが落ちるように思います。妻が帰ってきたら元気が戻って私と遊びたがる勢いが増すのです。
「お母ちゃんが居るから安心してお父ちゃんと楽しく遊べる」そんな感じがします。

妻とゆう君は、一緒にいる時間が長いので当然、よくケンカもしています。して当然だと思います。
でも、お互いがスキ同士です。
ふたりの接し方をみていて、ふたりの絆の深さを感じます。

「おたあちゃん、こあい(お母ちゃんコワイ)」
「なに!こわくないやろ!」
「キャハハ!こあい」
「違うやろ。お母ちゃんスキって言って!」
「おたあちゃん、ちゅき」
「そうやろ~。お母ちゃんもゆう君スキ。」ぎゅ~っと抱き合うふたり。

いいな~。お父ちゃんも混ぜて(笑)

励みになるのでこの記事に点数をつけてみてください (^o^)/




年賀状には子供の写真

シェアブログ1341に投稿 励みになるのでこの記事に点数をつけてみてください(^0^)/

パンダ今年も残すところあと僅か。我が家では、年賀状を書くのが毎年遅く、ひどい時には1月末(!)に出してたりすることもあったのですが、今回は心を入れ替えて、急ピッチで宛名書き中です。
年賀状を自宅で作る時間がないのでFUJI COLORのサイトに写真を送って印刷だけしてもらったのですが、今年の写真は思いのほか名作が多くてどれを使うか迷いました。

そんな中、特に気に入ってるのがこの南紀白浜アドベンチャーワールドで撮った1枚です。無理やり「パンダのかぶりもの」をかぶらされて不機嫌なゆう君と対照的にしてやったりと満足気な奥様。ゆう君のプリチーな姿に私も撮影しながら大笑いしてました。
ゆう君が中学生ぐらいになった時にこの写真を見たら「なにかぶせてんねん!」と怒られるやろうな~(笑)

楽しい思い出と楽しい予感の1枚です。




言葉の正しい使い方

シェアブログ403に投稿 励みになるのでこの記事に点数をつけてみてください (^^)/

最近のゆう君は、単語だけで話していた内容が2語、3語で話せるようになってきて「おっきい、わんわん」とか「ぎりぎり(おにぎり)、おいしい」とか言えるようになってます。
それから、私や妻の話すことをよく真似するようになり、例えば、「ゆう君、こっちおいで。」と声をかけると「おいで」とつぶやき、買い物に行った際にレジ袋を持ちたいとせがむので「持てるかな?大丈夫?」と問いかけると「だいじょぶ」とオウム返しに繰り返してます。

ゆう君自身も会話が成立すると楽しいのでしょう。真似をしながら新しい言葉を覚えて、それをどんどん使いたいようです。そして、ゆう君なりに覚えた言葉(単語)を試しているように見受けられます。試しに使ってみた時の私や妻の反応・表情などをみて、正しい使い方かどうか判断しているように思います。

ですので、正しい使い方をした時には、「そうやね~。」と笑顔で相槌を打ってあげ、間違っている場合には、正しい言葉・使い方を教えてあげています。私もゆう君と会話できるようになってきたのが楽しいのです。

で、つい最近のことなんですが、ゆう君と一緒にお風呂に入っているときにボディーソープを手にとって遊んでいたので、自分で体を洗わせようと思い「ゆう君、あわあわでチンチン、きれいきれいして。」と言ったら何を勘違いしたか、私のチンチンを洗おうとしたので、「違う違う、ゆう君のチンチンを洗って(笑)」と言ったら、じーっと自分のを見つめて一言。「ゆうくんチンチン、ちっちゃい。とーたんチンチンおっきい。」

私が苦笑いでいると、ゆう君は私の表情を見ながら答えを待っています。ここは、正しいことを教えてあげないといけません。

「いや、ゆう君、お父ちゃんの決して大きく無いねん。背は高いけどチンチンは普通やねん。」

「????」

ゆう君には、理解できなかったようです(笑)




冬のボーナスの使いみち

今日、14日に例年より1週間ほど早く冬のボーナスが支給されました。
日々の勤労に対する報酬なので貰って当然なのですが、不況の中、厳しい境遇の会社もまだまだあるので、ありがたく頂戴します。

が、しかし。

このボーナス、使いみちは既に予約いっぱい。貰った実感ありません・・・悲しい。

寂しくなるけど、使いみち書いておきます。

住宅ローンの返済----ん十万円
4月から妻が看護師復帰。家事の負担減らすため食洗器購入----6万円
同じく4月からゆう君保育園に通うので送迎用自転車購入----4万円
保育園の入園準備いろいろ----5万円
毎月の保育料金----?万円(まだ未確認なので念のため確保)
掃除機が壊れちゃったので買い替え----2万円
妻へのクリスマスプレゼント----2万円
ゆう君へのクリスマスプレゼント----5,000円
ゆう君への誕生日プレゼント----5,000円


妻が育児休業中で収入がないので、ボーナスほとんど無くなります。
この調子だと、私自身が欲しいパソコンとデジタル一眼レフは、買えないかもしれません。

そんな中、ゆう君は、じいちゃん・ばあちゃん達からのプレゼントとお年玉攻勢が予想され羨ましい限りです。ホント王様です。キングです。

あ~あ、年末ジャンボ当たって欲しいな~(笑)




こどもの成長は親の成長

みかんの皮剥き最近、ゆう君の成長がめざましいような気がします。日に日にできるようになることが増えているし、特にこの1ヶ月は、著しく成長を遂げているように思います。

気が付けばいつの間にか、みかんの皮も自分で剥くことができるようになっていて、ほっておけば2~3個は軽く食べてしまいます。これ以上、手の色が黄色くなられると、「黄疸でてるの?」と心配されるたびに「いえ、みかんの食べ過ぎなんです。」と説明しないといけないのがちょっと恥ずかしいので、止めていますが(笑)

私や妻の言うことに対する反応も随分としっかりしてきたと思います。「ゆう君、散歩行こうか」と呼びかけると今までは単に「さんぽ、さんぽ!」と喜んでいただけだったのですが、最近はコートや靴を身に着けるということを理解しているようで、自分でコートのある部屋に向かい、着せてくれと催促します。そして、玄関では「おっちん!」といいながら座って、靴を履く準備をしています。

理解できる言葉が増えてきたのでしょうか。言葉と行動が繋がり始めたように思います。

2年前、生まれたときには、目も開いていなくて寝返りも打てない赤ちゃんだったのに、どんどん成長していく様子を見ていると、あらためて「人間」ってスゴイなぁと思う。

自分が今、できることって「あたりまえ」にできているけれど、本当は両親をはじめ周囲の人たちが少しずつできるように教えてくれた成果なんだと、こどもの成長を見つめながら理解できました。

あ、そうか。

ゆう君だけでなく、俺も成長してるんだ。





立会い出産を経験して

優生誕生私は、妻の出産に立会いました。結論から言うと立会ってよかったです。息子が誕生したあの時のことを思い出すと、今でも感動が溢れてきて、感無量になり、泣きそうになります(笑)
ですから、次に子供ができた時も立会出産にしたいと考えています。
勧める訳ではないのですが、これから出産されるご夫婦の参考になるかもしれませんので、立会い出産を経験して私の感じたことを書いておきたいと思います。

続きを読む »





幼児も料理をしよう!

料理中今日の朝、台所から楽しげな騒ぎ声が聞こえてくるので何事かと覗いてみたら、なんと、ゆう君が料理をしていました。
「なにしてんの!?」「これからの男は英語と料理ができなあかんやろ。」と妻。私への厭味でしょうか(笑)
「ままご!ままご!(たまごを割らせろ!)」と嫌がる風でもなく、むしろやろせろモードのゆう君。こりゃスゴイ。楽しそう。すぐにカメラを撮りに行きました。でも、いくらなんでも料理を教えるなんて早すぎるんじゃないのと思ってる間に「上手ね~」とまた、楽しそうな声が。
急いで戻ってみると、ゆう君がたまごを割ってました。もちろん形は崩れてましたが、自分でコンコンとやってクシャっと小鉢に入れたようです。
たまごそういえば「こどもちゃれんじ」の最新の付録にお料理セットがあってたまごを割るおもちゃが付いてたっけ。恐るべし、ベネッセコーポレーション。
さらに見てると、妻が熱したフライパンを持ち、そこにゆう君がソ-セージを投げ入れます。「じゅ~じゅ~、あちち!あちち!(ジュージュー焼いてるぜ!熱々だ!)」と叫ぶゆう君。 火傷しないか心配でしたが無事に料理完成。1歳11ヶ月でたまごを使った料理ができるなんてスゴイ。っていうか、させる妻がスゴイのか。
おいしそう
完成した料理。「自分で作った料理の味は格別でしょうな。」と、食べるところを見ていましたが、半分以上、残してました(笑)作るのに熱中したけど食欲はあんまり無かったのかな?




1歳と11ヶ月になりました。

サンタさん気が付けば、うちのゆう君、今日で1歳と11ヶ月になりました。来月には2歳になります。あらためて考えると早いなぁ。ついこの前、生まれたばかりのような気がするのに。出産当日のこともまだハッキリ覚えてますので2年経ったとは、とても思えません。

さて、12月になって世間は一気に年の瀬ムード。街はクリスマスの飾りで彩られています。ゆう君にとっては、クリスマス、お正月、自分の誕生日と楽しいイベントの3段攻撃です。まだ小さいので、その楽しさが解っていないですが、小学生にもなればタマラン季節となるのでしょうね。羨ましい。

なんとなくウキウキする時期です。
我が家もサンタさんを飾ってみました。




ブログのメンテナンス中

リンクしていただいているサイトや、ほかの育児ブログを拝見していると、いろいろと参考になることが多いです。
「あ、なるほど」と思う工夫が随所にあってとても勉強になります。

そんなもんで、現在、少しずつではありますが、このブログもメンテナンスしていこうと努力中です。
見やすいブログを目指して、まだまだ勉強しないといけませんね。





お風呂には木酢液

入浴中今日の京都は今シーズン一番の冷え込みで、冬らしい寒さでした。こんな日は、あったかいお風呂にゆっくり入るに限ります。タニグチ家は、私も妻もゆう君もお風呂が大好きです。家族3人で仲良く入るバスタイムは、私の癒しの時間にもなっています。それを知ってる妻は私が帰宅するまでお風呂に入るのを待ってくれます。3人で1時間ぐらいかけてのんびり入るとカラダもココロもポカポカです。

うちでは、入浴剤として木酢液をお風呂に使ってます。ゆう君が生まれる前から使いはじめたので、かれこれ2年以上になりますが、普通の入浴剤に比べてポカポカするように思いますし、肌のカサカサが和らぐように感じます。
炭を作るときの抽出液ですから自然のものですし、市販の入浴剤より、よっぽど健康に良いような気がします。もちろん小さい子供にも使えます。ただ、においが「炭くさい」ので、炭嫌いの方には、お奨めできませんが。(妻は温泉っぽいにおいって言ってます。)

最近、ゆう君はお風呂に入ると「あったかいね~」と大人びた口調でつぶやきながら、水道の水をすくってチビチビやるのが楽しいようです。まるで温泉に浸かりながら一杯やってるみたいに見えます。

寒い冬がやって来ますが、3人で入るあったかいお風呂は、私の大切な楽しみのひとつです。

紀州 木酢液1年熟成(1000ml) ←タニグチ家で使ってる木酢液です。




父親育児とほぼ日手帳

ほぼ日手帳ほぼ日手帳中身

いまや大人気のほぼ日手帳。私も愛用しています。もともと仕事のスケジュール管理に市販の手帳を活用していましたが、webでほぼ日手帳を知ってからは、乗り換えてこっちを愛用しています。

ほぼ日手帳の良いところは、仕事とプライベートをごちゃまぜに書けるように考えて作られているところだと思います。1日1ページと記入スペースもたっぷりあるので、スケジュールばかりでなくメモ帳感覚でも使えるし、日記代わりにも使えます。実際、私の手帳の妻の誕生日のページには、買って帰ったケーキのことが書いてありますし、その翌日のページには、買ったけど外れたナンバーズが貼り付けたりしてあります。

今年は、仕事より育児に関することを手帳にたくさん書きました。ゆう君が発熱したときには、症状や熱の記録が記入してありますし、北海道へ旅行したときには、食べた料理や旭山動物園でのことなど。その時、感じてたことなんかも書いてあるので、見直してみると楽しいです。
手帳にプライベートなことも書いておく。やってみるととっても自然に感じます。

2007年版のほぼ日手帳は、プリント・グレーストライプを買いました。洒落た感じのデザインで今から使うのが楽しみになってしまいます。
この手帳とこのブログに「書くことがたくさんある毎日」を送ることができれば、2007年も幸せな1年になるだろうなぁって思います。






ふたりのおかげで

母と子

日々のくらしの中で、ふたりは僕にいろんなことを与えてくれてる。

続きを読む »





 BLOG TOP 


SEO対策:父親 :育児 :子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。