プロフィール

タニグチ

管理人:タニグチ
京都市在住です。妻は看護師で夫婦共働き。3歳になる息子"ゆう君"と私たち夫婦が繰り広げる育児奮闘記(笑)

↓↓ランキング参加してます。


FC2ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

もくじ

ゆう君のMOVIEなど

最新の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内の記事を検索


育児ブログ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




立会い出産を経験して

優生誕生私は、妻の出産に立会いました。結論から言うと立会ってよかったです。息子が誕生したあの時のことを思い出すと、今でも感動が溢れてきて、感無量になり、泣きそうになります(笑)
ですから、次に子供ができた時も立会出産にしたいと考えています。
勧める訳ではないのですが、これから出産されるご夫婦の参考になるかもしれませんので、立会い出産を経験して私の感じたことを書いておきたいと思います。

私の場合、妻のお腹が大きくなり始めた頃から、出産には立会いたいと自然に考えていました。立会い出産についての予備知識はまったく無く、特に調べもせず、「苦しい時には傍に一緒に居てあげたい」という気持ちがあったので、自然とそう考えていたのだと思います。

「気の弱いオトコなら気分が悪くなる」とか「立会うと妻を女性としてみれなくなる」などとネガティブなことを聞くことが多いですし、実際私の耳にも入っていましたが、なぜかまったく気になりませんでした。
ただ、妻が嫌がるかなということが心配で、嫌がったらやめておこうと考えていました。

妻とは、立会い出産するかについて、そんなに時間をかけて話し合った訳でもなく、お互い「どうなん?する?」みたいなノリで自然に選択していたように思います。そして、立会い出産のできる産院を探したり、立会うために必要な知識を学ぶために両親学級を受講したりと具体的な行動に移していきました。

立会い出産を選択すると、夫もものすごくリアルに出産のことを考えるようになります。だって、出産のその瞬間に臨むのですから決意が固まるというか、無関心ではいられなくなりますから。準備しないといけないことも真剣に覚えます。
「陣痛が始まったら、間隔を記録して」とか「産院の電話番号は・・・」とか「おしるしが来たら・・・」とか必死で暗記します。些細なことも必死になります(笑)でも、そういうことも含めて、ふたりであれこれ準備していると不安が和らぐように思います。ふたりで臨むという気分が高まって安心感に繋がると思います。

そして、いよいよ出産当日。妻の場合は、偶然にも土曜日に出産となったので、私の仕事には全く影響ありませんでしたが、職場には、前もって予定日を伝えて休む準備をしていました。平日の場合を想定して、あらかじめ休めるようにしておくのは重要です。

当日は、朝の5時に陣痛が始まり、痛みが強くなってきた11時に産院に電話して入院。12時過ぎには、分娩室に入りました。妻の場合は、初産と思えないほど安産だったらしいのですが、私は「これで安産か!」と正直驚きました。それほど、過酷な時間でした。

苦しそうに荒い呼吸で、それでも懸命に力を振り絞っている妻の手を握っていました。体力を振り絞って助産婦さんの指示どおりにイキんでいる妻の手を握っていました。汗を拭いてあげながら、お茶を口許に持っていったり「ゆっくり、ゆっくり」とか「さあ!踏ん張って!足に力いれて!」とか一緒に声をかけていました。

1時間ほど経過したでしょうか、ようやく、赤ちゃんの頭が出始め、その後、間もなく息子がこの世に生まれ出てきました。

この瞬間の感動の大きさはどうして説明すればいいか判りません。体が震えるような感覚に包まれて、涙が溢れました。妻に「男の子や。よく、がんばったな。」と声をかけたのですが、言葉をかけた瞬間、さらに大きな感動が電流が流れるように私を包みました。

あらためて考えると、妻や息子に対する愛情は、立会い出産を経験したから増しているように思います。あの大変な出産を頑張った妻を本当に尊敬しますし、あの感動を与えてくれた息子に感謝しています。
「命」、「生きる」、「誕生」などの尊さを経験させてくれました。

ミルク中立会い出産は、妻と息子のふたりに対する愛情をより深いものにしてくれたように思います。
スポンサーサイト




コメント

立ち会い出産か~。
ウチもその予定だったんですけどねぇ、全く出てくる気配がないまま胎盤の機能が低下し、結局帝王切開となったので立ち会えず…。
しかも麻酔を倍打ったのに麻酔が何故か効かず、切腹同然となりました(^^;)

http://yuzup.blog22.fc2.com/blog-entry-211.html

私も息子と娘の出産に立会い、へその緒も切りました。

あの感動は絶対に立ち会ったほうがいいですよね~

ゆずぴぱぱさま


奥さんの場合は、たいへんなお産だったんですね。胎盤機能が落ちちゃうと立会いなんてとても無理ですもんね。出産はとてもリスクが高いことなので、母子ともに無事なのがなにより1番ですね。

亀ちゃんさま

臍の緒も切られたんですか。私たちの時は、臍の緒が息子の首に巻き付いていたからか、Drが切ってました。
あとふたりは子供が欲しいと考えているので、次回に経験してみたいです。

ご訪問ありがとうございます。

うちも共働き夫婦で、二人とも看護師なんです。なんだかタニグチさん所と似てますね。

私も立会いしました。何とか休みをもらえたので、病院にいってから30時間ほどの難産でしたが、母子共に元気でよかったです。

時間が許すなら、男は見るべきです。いいもんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


SEO対策:父親 :育児 :子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。