プロフィール

タニグチ

管理人:タニグチ
京都市在住です。妻は看護師で夫婦共働き。3歳になる息子"ゆう君"と私たち夫婦が繰り広げる育児奮闘記(笑)

↓↓ランキング参加してます。


FC2ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

もくじ

ゆう君のMOVIEなど

最新の記事

最近のコメント

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内の記事を検索


育児ブログ

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




4月から保育園に入園

数日続いた日中の暖かさが嘘のように、この2日ほど急に冷え込みました。最後の寒波でしょうか。
でも、もうひと月もすれば4月になります。桜咲く新年度です。

我が家では、ゆう君が4月から保育園に入園し、妻は職場に復帰します。
ふたりにとっては、2年続いた生活リズムが大きく変わる節目です。当分の間、しんどい日々になるでしょう。
朝も慌しい戦場のようになるでしょうし、一日が終わると疲れ果てる日々になることでしょう。
妻とゆう君には、ストレスがかかり家庭内の雰囲気も随分と変わるかもしれません。

でも、新しい生活の始まりでもあります。「家族が成長する」第一歩になるはずです。

確かにしんどい毎日になるでしょうけど、みなさんのブログを読ませてもらうと、どこのお宅もこのしんどさをなんとか乗り越えておられます。そして、ブログからは「家族の強さ、ありがたさ」を感じることができます。

私自身、いま仕事に忙殺されてしまって、精神的にかなり落ちていて、さっぱりダメな状態になってますが、なんとか踏ん張って、一家の大黒柱として家族を守っていきたいと思っています。乗り越えて「家族の成長」に繋げたいと思います。

と、自分自身に気合を入れてみたんですけど実際は、ゆう君の笑顔がすべてを支えてくれると思うので、そういう意味では彼が我が家の大黒柱なのかもしれません(笑)
スポンサーサイト




コメント

遂にゆぅ君も保育園に入るんですね~☆
もぅたくさんお話しできるのであったら、
家に帰ってからの親子のコミュニケーションが楽しくなりますょ♪
慣れるまでがお互いに辛くて寂しいんですけどね(;´Д`A ```

ぁたしも成長しなきゃなぁ~。ァハハ(苦笑)

出発の春ですね

私も4月に復帰します。といっても、
職場は変わるので0からの出発です。
そして、子供2人もそれぞれ別々の保育園、家庭福祉員宅で預かってもらいます。
そんな中、だんなさんの助けは重要です。
だんなさんだって、自分の仕事で精一杯でしょうが
ほんのちょっとの思いやりがお互いを助けてくれるように思います。
もちろん、子供の笑顔が1番なんですけどね。

のりこえて・・・

仕事に忙殺され ひさしぶりのネット巡回です。
そう、我が家でもいろいろありました。
保育園に息子がなれるまでの1年・・・。
まず妻の精神衛生を優先しました。
退社し保育園におむかえにいき 帰宅して夕食をつくる。
そこまでは妻の仕事。
で、10時頃私が帰宅して 息子をお風呂にいれ
妻と息子にはとりあえず寝てもらう。
で、私はひとりで食事をして 食器をあらい 洗濯物をほす。
4歳まで夜泣きのあった息子を中心に 妻が1日をまわして
いくのに それが一番いい方法でした。
子供が病気のときは 私がやすみ、妻の有休は妻のために
つかってもらうという決まりも・・・・。
妻が倒れてしまったら まわりに親戚が一件もない我が家は
まわっていかなくなりますもんね。

で、息子が6年生になった今も 食器洗機へのセットと
洗濯物ほしは 私の得意分野ですが・・・・笑。
たぶん 我が家は うまくその時期をのりこえたのだと
自分なりにいいきかせてます。

--------琴美さんへ--------

返事遅くてすいません。見逃してましたorz

えっと、琴美さんは働きながら双葉ちゃんと楽しく暮らしておられるので、とても感心しています。
本当はしんどいこともたくさんあるんでしょうけど、
旦那さんがおられなくても一生懸命、双葉ちゃんと向き合っておられる様子がブログから伝わってきます。

私もがんばります!


--------こゆきさん--------
同じくコメント遅くなってすいません。m(__)m

おっしゃるように夫婦お互いの思いやりで支えあっていくのが大切なんでしょうね。
ふたりの様子が子供に伝わるのでしょうから。

がんばります。

--------ココパパさん------

コメント遅くなってすいませんm(__)m

とても上手に役割分担をされていたのですね。とても参考になります。

私が最近よく思うのは、妻や息子にとっては、私の代わりは居ないということです。

仕事ももちろんがんばりますが、大半の仕事は私じゃなくても代わりが利くことですが、妻や息子に関係することは、私にしかできないだろうし、私がしなければならないと思います。
妻のサポートはやっぱり私がやらないと意味がないように思います。

うまく言えませんが、それが夫婦の絆い繋がるように思います。

がんばります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


SEO対策:父親 :育児 :子育て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。